ウサギバッグ本体(しずく型)を編んでみました。

ようこそお越し下さいました。ビーズ編みの旅ジロー工房です。


本日は、

「しずく型のポーチって可愛いんだけど、どうやって編んで良いかわかんないよね~」

「ポチョン!って感じが可愛らしいよねー!でもしずく型ポーチの編み図ってあんまり見かけなくない?」

というご要望にお応えして、

しずく型をしたウサギバッグをご紹介いたします。


あ、

ウサギバッグなのでファーの毛糸を使用していますが、コットン糸や麻糸で編めば、シューズ入れなどに便利なのではないかと思いますョ


以前のブログでは、ウサギバッグ用のファスナーの持ち手をご紹介しました。

そちらも参考にしていただけると嬉しいです。

では、まいりましょう!


① 3本ひき揃え(ファーが1本、ベージュのウール糸が1本、白のウール糸が1本)の糸を使い、6の倍数の増し目で円を編んでいきます。

表は下からお読みくださいネ。

8段目までは6目ずつ増えていき、48目に達したら、残り2段は増し目無しです。


そうやって10段目まで編むと、写真のような鳥の巣ができます。

(ファーの糸は見辛いですが、白のウール糸がガイドの役目を果たしてくれるので、色違いの色をひき揃えると重宝しますョ)

②11段目から引き返し編みをするため、スタート地点にマーカーで印をつけておきます。


進行方向を逆にして45目細編みをします。

すると、編まない目が3目残りますが、その3目のすき間は、ファスナーの持ち手がハマるスペースとなっていきます。


15段目までは、目の増減が無いまま行ったり来たりを繰り返します。



③16段目からは減目が始まります。2段ごとに減目をしていきます。


以前のブログで目を飛ばして減らす様子をご紹介していますので、よろしければそちらもご覧ください。


この減目によってしずく型になって行くわけです。


1目や2目数が合わなくてもしずく型になっていれば大丈夫です。

でも写真ではつけてませんが、端目が迷子になりやすいので、端にマーカーをつけると安心ですョ!



④2段ごとに減目を繰り返して34段目には、全部で10目になりました。

最終段の35段目も10目を編み、糸を切ります。


切った糸は本体にからめて処理します。

しずく型ウサギバッグの本体が完成しました!

次は本体とファスナーの持ち手を合体させますョ!


ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

ビーズ編み 旅ジロー工房

素材から作品へ そしていつかはヴィンテージに… ビーズ、ファスナーを編み込んだ作品のほか、 使い捨て製品に 価値を持たせる試みとして プラスチックカップなどのカバーを デザインしています。 永く愛用される作品づくりを心がけ、 一点一点手編みしています。

0コメント

  • 1000 / 1000